薬物乱用防止教育認定講師養成講座

0
    ■日時:2019年12月16日 13:30〜16:30
    ■会場:函館市勤労者総合福祉センター サン・リフレ函館
     
    薬物乱用事件は、 依然として後を絶たない現状にあります。
    次の時代を担う青少年を薬物乱用から守るために、 地域社会や学校が一丸となって、 未然防止の教育を実施していくことが求められています。
     
    そのなかで、 地域に根ざしたボランティア活動を実践しているライオンズクラブには、 大きな役割が期待されています。
    ライオンズクラブによる薬物乱用防止教室は、1997年から実施され現在に至っておりますが、今後もまだ薬物乱用に手を染めていない青少年に、一度でも乱用をしては「ダメ。ゼッタイ。」と啓発していくことが必要です。
     
    青少年に「人生をどう生きるか」という指針を与えるライオンズクラブ認定講師は、 警察や保健所等にはできない重要な役割を担っています。
     
    12月6日、331-C地区木古内・知内キャビネットと、(公財)麻薬 ・ 覚せい剤乱用防止センターの共催により、サン・リフレ函館に於いて薬物乱用防止教育認定講師養成講座が開催され、31名が受講しました。
     
    ライオンズクエスト青少年指導・薬物乱用防止委員会副委員長のL青山和晴の司会で進行し、最初に地区ガバナ― L北島孝雄より開会の挨拶があり、続いて委員長L藤巻英樹より挨拶と資料確認の後、養成講座に入りました。
     
    最初に(公財)麻薬・覚せい剤乱用防止センター制作のビデオ講座「大麻警報発令中!〜アイメッセージで断ろう〜」の上映があり、次に医学博士L万本盛三監修の基礎講座、医学知識「薬物乱用と心身への影響」のビデオ視聴があり、薬物の脳に与える悪影響について学び理解を深めました。
     
    続いて、北海道警察函館方面本部捜査課の阿部達也氏による専門講座「行政事情〔物犯罪等の現状」について、パワーポイントを使用した具体的な薬物犯罪の事例が詳細に説明されました。
    休憩をはさみ、北海道渡島総合振興局保健環境部保健行政室地域医療薬務係長の村松隆広氏による専門講座「行政事情¬物乱用防止対策について」の講義がありました。
     
    最後に、薬物乱用防止教育認定講師である330-A地区東京葛飾LC所属のL舘親光より、実践講座「ライオンズクラブ国際協会おける薬物乱用防止活動について」を受講しましたが、何度も北海道を訪れており、パワーポイントもバージョンアップしており理解しやすい内容となっておりました。

     

    講評を(公財)麻薬・覚せい剤乱用防止センター企画部長の加藤康樹氏からあり終了しました。
    地区ガバナ― L 北島孝雄から認定証の授与の後、閉講の挨拶があり閉会となりました。

     

    ライオンズクエスト青少年指導・薬物乱用防止委員会 副委員長 L 青山 和晴

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:370 最後に更新した日:2020/03/06

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM