ライオンズクエスト ライフスキル教育プログラムセミナー

0
    ■日時:2020年1月14日 13:00〜16:30
    ■場所:北海道知内高等学校
     
    「今の子どもたちに欠けているところ、足りないところは何でしょう。もっと身につけさせたいことは何でしょう」と学校の先生、父兄、ライオンズクラブメンバーに尋ねると、ほぼ同じ答えが返ってきます。
    あいさつ(が出来ない/出来るようになってほしい)、がまんする(ことが出来ない/出来るようになってほしい)、けじめ(がない/をつけてほしい)、思いやり(に欠ける/のある言動をしてほしい)、積極性(が足りない/がほしい)、コミュニケージョン能力(がない/をつけたい)等で、不思議なことに学力と答える人はまずいません。
     
    ー分で自分をコントロールする能力(がまん、けじめ、積極性など)
    他の人とうまく関わる能力(あいさつ、おもいやり、コミュニケーションなど)に分類されます。
    つまり、頭の中で覚えたり、考えたり、理解することで終わる能力ではなく、生活の中で「行動する能力」が欠けている、その力をつけさせたいと言っています。
    ライフスキルとは、「行動する能力」のことです。
     
    1月14日 北海道知内高等学校に於いてライオンズクエストライフスキル教育プログラムセミナーが開催されました。
    木古内町・知内町・福島町・松前町の小学校、中学校、高等学校の教職員34名、ライオンズ関係7名、合計41名の参加で開催しました。講師には、ライオンズクエスト認定講師である中村千恵子先生に特定非営利活動法人青少年育成支援フォーラム(JIYD)から来ていただきました。
     
    ライオンズクエスト青少年指導・薬物乱用防止委員会副委員長のL青山和晴の司会進行でスタートしました。
    最初に司会から今回のセミナーには、初めて参加する方がほとんどですので、ライオンズクエストライフスキル教育プログラムセミナーの概略と興味を持った方には、次の段階のワークショップにも参加いただいて教材を受け取っていただきたいとの話がありました。
    地区ガバナーL北島孝雄の開講挨拶の後、司会L青山和晴による講師紹介があり、中村先生によるセミナーが始まりました。
     
     
    丸く囲んだイスに座らせた後に全員を立たせて、最初はジャンケンゲームで汗を流し、先生の指示で「春夏秋冬で好きな季節同士で集まる」、「生まれた月同士で集まる」、「好きな食べ物同士で集まる」等、エネジャイザ一を多く取り入れて進行していくうちに、最初は硬い表情で緊張していた参加者も徐々にうち解けてきて、明るい表情になりニコニコしながら楽しそうにセミナーに参加してきました。
     
    次に、6グループに分かれて机の回りに移動し座り全員で役割分担を決めてから、
     屬い犬瓩ら連想すること、キーワードは何か」◆崋分、自分たちでできることは何か」について、全員が短冊に書いた後で、模造紙に子どもの絵を中心に描いてから、右半分に,涼産を貼り、左半分に△瞭睛討魍┐派集修靴泙靴拭
    各チームが書き終わってから、全員移動して他のチームの内容を見て回りました。書き終わった模造紙をチーム毎に壁に貼り、発表者が順次発表し参加者は全員で拍手をしました。

     

     

     

    最後にイスを丸く戻して、3人ひと組に分かれて本日のセミナーの感想等をお互い話し合い、全体で発表しました。

    「大変ためになった」、「是非教材がほしい」、「知らない者同士が理解しあえた」、「楽しいセミナーだった」等、参加者全員が有意義なセミナ一を実感していました。

    最後に司会者から、ワークショップの開催にも参加いただくよう再度話をして、最後にもう一度感謝の意を込めて中村先生に盛大な拍手をお願いしました。

     

    閉講の辞をキャビネット副幹事であるL岡田敬司からあり、セミナーは教育委員会の協力を得て開催することができたことに対する感謝の言葉がありました。
     
    ライオンズクエスト青少年指導・薬物乱用防止委員会 副委員長  L 青山 和晴

    献血推進セミナー

    0
      ■日時 : 2019年11月16日 13:00〜15:00
      ■場所 : サン・リフレ函館
       
      331−C地区の「献血推進セミナー」が11月16日、サン・リフレ函館において開催されました。
      当日は心配された冬の嵐の影響も無く、第1リジョン、第4リジョンの12クラブから31名の会員と、献血推進学生ボランティア、北海道赤十字血液センターの関係者と合わせ、全体で41名参加のセミナーとなりました。
       
      開会にあたり、地区ガバナー北島ライオンから「このセミナーを通じ献血の現状と課題を共有し、今後の活動に生かしていって欲しい」との挨拶があり、次いで赤十字血液センター函館事業所の石川所長、保村事業課長から、ライオンズクラブ献血推進活動に対する感謝の言葉と共に、少子高齢化社会における献血者数と年代別献血者数の推移、今後の取り組みの考え方、そして331-C地区内のライオンズクラブの活動紹介などがありました。
      活動報告では道南地域を代表して、松前ライオンズクラブの活動が会長の種市ライオンから発表され、平成30年の献血者数が220人であったことなど、これまで年3回取り組んできた活動の成果が示され、継続した取り組みの重要性が改めて認識されたところです。
       
      また、学生ボランティアの活動報告では、函館厚生院看護専門学校生による献血推進キァンペーン会場での呼びかけの様子や、道内の学生ボランティア団体と連係した取り組みなどが紹介され、若い世代に献血の理解と参加を広めるために頑張っている学生ボランティアに対し会場から大きな拍手が送られ ました。
       
      そして札幌からおいでいただいた北海道赤十字血液センターの山本所長の講演では、献血推進の国の基本方針や、これまでの献血の動向を踏まえ、献血リピーターの確保対策、対象年齢別対策、将来を見据えた小・中学校生への啓もう活動など、今後の具体的な方策が示され、ライオンズクラブの今後の取り組みにも大いに参考になるお話しでありました。
      セミナーの最後には、癌治療のため多くの輸血が必要だった当事者の感謝の言葉が収録された「ありがとうの手紙」と題されたDVDが放映され、「多くの方々の献血があって私の命は繋ぐことができました」という言葉は出席者の心にも響くものがありました。
       
      今回のセミナーは多くの皆様のご協力で実のあるセミ ナーにすることができました。心から感謝申し上げ、ご報告と致します。

       

      献血・献腎・献眼・糖尿病保健委員会 委員長L齋藤 博

       


      LCIFセミナー

      0
        ■日時:2019年10月5日 14:00〜17:00
        ■場所:ホテル函館ロイヤル
         
        10月5日、ホテル函館ロイヤルにてLCIFセミナーを開催させて頂きました。
        講師にはLCIF MDコーディネーターL鶴嶋氏と、地区LCIFキャンペーンコーディネーターL及川氏、ゲストにはLCIF委員会MD副委員長L美田氏をお招き致しまして、大変充実してセミナー及び懇親会を開催させて頂きました。
        当初の予定人数45名をオーバーする位の大盛況でして10数名お断りしながら53名で開催させて頂きました。
        次回は2月に函館で開催予定です。
        ご協力頂いた皆様には大変感謝申し上げる次第で御座います。有難うございました。
         
        LCIF委員長 高橋正人
         
         

        献血推進セミナー

        0

          日時:12月2日(土) 14:00〜17:30
          会場:ホテル函館ロイヤル

           

          献血推進セミナー01献血推進セミナー02

          331-C地区から24名のライオン、看護学生8名、講師4名でのセミナーでした。 まずは、日本赤十字社創立140周年を記念して函館臥牛ライオンズクラブが表彰を受け、北海道赤十字血液センター所長山本 哲様の講演に始まり、看護学生が中心とする献血推進ボランティア「あっかんBAY」と八雲ライオンズクラブL奥山淳子よりそれぞれ活動報告がありました。 献血の重要性と命の大切さ、思いやりと感謝の気持ちを考える有意義なセミナーでした。 第2部には懇親会が行われ、活発な意見交換も行われ和やかな雰囲気で幕を閉じました。


          LCIFセミナー

          0

            日時:10月17日(火)13:30〜16:00 
            会場:函館中央図書館「視聴覚ホール」

            エリアコーディネーターL大石 誠(330-A地区東京数奇屋橋LC所属)とMDコーディネーターL小野寺眞吾(331-A地区札幌北の杜LC所属)の両名を講師として迎え、331-C地区より53名のライオンが参加致しました。 LCIFへの協力要請の必要性が重視する一方で、制度の趣旨、しくみなどに精通しているライオンが少ないことから、初歩的なことから深く掘り下げ充実した内容で説明がなされ、331-C地区の現状説明などを垣間見ながら活発な意見交換もなされ大変勉強になったセミナーでした。 今期(平成30年3月頃)にもう一度LCIFセミナーを開催予定です。 たくさんの参加よろしくお願いします。


            1

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:372 最後に更新した日:2020/05/08

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM